校長挨拶

校長挨拶

 本校校長3年目になりました羽佐田透一(はさだ とういち)です。私のモットーは、「明るく元気一生懸命に」です。生徒、教職員の皆で力を合わせて、スクールカラーのオレンジ色のイメージのような、明るく活気ある学校づくりに努めています。

 さて、本校は大正10年に安城町立安城高等女学校として開校し、愛知県立安城高等女学校を経て現在に至り、創立102年目を迎えました。コロナ禍によって1年延期された創立百周年記念式典・講演会は、昨年度開催されました。本校ゆかりの童話作家新美南吉の記念モニュメントも建立されました。長きにわたって積み上げられた伝統をもとに、未来に向けて新たな一歩を踏み出しています。

 教育スローガンとして、「きっとできる できるまでやる」を掲げ、何事にも最後まであきらめずに粘り強く取り組む姿勢を大切にしています。さらに、今年度スクール・ポリシーの目指す生徒像として、「夢の実現に向けて主体的・協働的に学び、最後までやり抜く力をもつ生徒」と「自ら考え責任をもって行動し、他者と協力して社会貢献できる生徒」をあげました。その中の「主体性」「協働性」「やり抜く力」「社会貢献」という資質・能力を伸ばすために、教育活動を推進します。その3つの柱が、「学びの改善」「豊かな人間性の育成」「地域連携」です。そして、社会に立派に通用し、活躍し、貢献できる人間を育成することが本校のミッションであると考えています。詳しくは、スクール・ポリシーを図案化したグランドデザインを御覧ください。

 保護者、地域の皆様には、生徒、教職員とともに「チーム安高」として、生徒の充実した高校生活やその成長をともに支えていただけたら幸いに存じます。

 中学生の皆さんは、親切で面倒見のよい先輩や、若さと情熱あふれる先生とともに、明るく元気一生懸命に楽しく充実した高校生活を送ってみませんか。